カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

鳥取名産!幻のモサエビ

甘くてプリプリ、とろーり濃厚な幻の「モサエビ」をぜひご堪能ください。
地元でしか味わうことのできない“幻”のエビです。

活きモサエビ

地元で「モサエビ」、「ドロエビ」と呼ばれるこのエビは、正式名を「クロザコエビ」といい、9月から5月にかけて日本海の沖合底曳き網漁により、赤ガレイやハタハタと一緒に水揚げされます。
外見が茶色っぽいため、甘エビほど見た目の華やかさはありませんが、プリップリの弾力ある食感や甘みは、甘エビより濃厚。
しかし、頭部の黒変が早く商品価値が下がることから、遠隔地へはあまり出荷されていません。まさに地元でしか味わうことのできない“幻”のエビです。

刺身はもちろん、焼き物、煮物、蒸し物、鍋物、天ぷらなどさまざまな料理でおいしく食べられます。

≪モサエビのおいしいお召し上がり方≫

お刺身で
モサエビを軽く水洗いした後、頭と尻尾を残して胴体の部分の殻をむきます。刺身醤油と生ワサビでお召し上がりください。
頭を軽くチュッとすすると、モサエビのおいしいミソが口の中に広がります。
※モサエビの腹の子(卵)を包丁でそぎ落とし、頭のミソと混ぜて身に付けて食べると美味です。

塩焼きで
モサエビを水洗いをして、全体に塩を振り、丸のまま強火でさっと焼いて下さい。
頭から丸ごと食べられます。焼くことにより身が引き締り、甘味が一層強くなります。

ボイルで
沸騰したお湯に塩を適量入れモサエビを茹でます。
モサエビが茹で上がると卵が綺麗なオレンジ色に変わります。茹でることにより身に甘味が増し、程よい塩味が食欲をそそります。

他にも、天ぷら・フライ・煮物など盛りだくさん!!
食べ終えた殻は味噌汁のダシにも使えます。
モサエビのダシの効いた味噌汁は絶品ですよ!

活きモサエビ

ページトップへ